Author Archives: 田中 光敏

星薬科大学での不思議なご縁

10月23日
星薬科大学で「サクラサク」上映会をしていただき、大学へ行って来ました。
100年の歴史ある建物での上映、薬科大学の歴史と雰囲気を味わいながら、「サクラサク」を見ました。
心温まる上映会、同窓会の皆さん、鈴木教授、本当にありがとうございます。
実は、大学を訪ね、びっくりすることがありました。
中学、高校の頃大好きだった、星新一。本当によく読みました。
まさか、その星新一のお父さん星一さんが、この星薬科大学の創設者とは驚きました。
上映前に歴史資料館を見せていただくと、星一さんは野口英世や近代の日本の歴史に出てくる各界のトップと関わり、未来を予測する小説まで書いていました。
ドラマになりそうな、中々興味深い人物。
「サクラサク」上映のご縁で、星一さんという、なかなか凄い人物に出会いました。
田中光敏拝

%e6%98%9f%e8%96%ac%e7%a7%91%e5%a4%a7%e5%ad%a6

星薬科大学について

創立者星一先生について

星新一さについて

星一(ほしはじめ)先生の銅像

【福井】あわら湯けむり芸術祭2016

%e3%81%82%e3%82%8f%e3%82%89%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%ef%bc%9110月9日、福井にて、あわら湯けむり芸術祭に、参加させていただきました。
本当に温かく、楽しい映画祭でした。あわら湯けむり芸術祭の実行委員会のみなさん、市役所のみなさん、映画祭のボランティアのみなさん、最後になりましたが、橋本市長、楽しい映画祭をありがとうございました。

 

 

出品作品も、とても面白かったです。今回も、若い才能あるクリエイターたちの作品が芸術祭の会場を、本当に泣いたり、笑ったりと盛り上げてくれました。
これからも、一年、一年、素晴らしいあわらならではの芸術祭を全国に、いや、世界に広めて行きたいですね。

僕も、映画づくりに励まないと。

いい時間を、ありがとうございました。

P.S.
誕生日のお祝いコメントありがとうございます。
ちょっと照れますね。(#^^#)

田中光敏    拝

今年の田中光敏賞

%e3%81%82%e3%82%8f%e3%82%89%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%ef%bc%92STAR~スター~

監督 大和優雅さん

おめでとうございます!

北海道浦河町、僕の故郷

講演の後、少し足を伸ばし札幌から故郷浦河へ。
浦河の空は高く、日高の海は昔のままキラキラと輝いて、美しかった。
美味しい食事、友との宴の時間、故郷の美しい風景は、何よりもご馳走様でした。
北海道の友人たちに、    今回もお世話なりました。

ありがとう。田中光敏。

urakawa1 urakawa2

 

 

 

 

 

子供のころ住んでいた、公営住宅です。思い出して訪ねみました。

urakawa3 urakawa4

故郷を想う

時計台田中です。いよいよ9月ですね。もうすぐ、我が故郷北海道へ向かいます。
北海道時代の同級生の声がけで、札幌市内のホテルで、講演をさせていただきます。
ありがたい限りです。久しぶりの帰郷になります。
最近、北海道は台風続きで、少し心配です。
色々被害が拡大しているようで、これ以上台風が来ないこと祈ってます。
映画の現場で、いつも思い知らされます。人は自然の前では、無力だと言うことを。
今回は、我が故郷で映画が出来ないか?
映画の実現化にむけて、色々な方々、沢山の方々に会って来ます。
田中光敏

暑中お見舞い申し上げます!

田中です。
先日、久しぶりに、「利休にたずねよ」のプロデューサーと、原作者の山本兼一さんの奥様といい時間を過ごしました。
早いもので、山本兼一さんが亡くなって二年半が過ぎました。
「火天の城」そして、「利休にたずねよ」。
山本兼一さんが僕に託してくれた作品です。
三人でたっぷり山本兼一さんの思い出を話しました。
話は盛り上がり、山本兼一さんと最後に電話で話をしたときのことを奥様に話しました。
山本さんが、自分の容態を知ってか知らずか、
『監督、三部作だね。頑張って三部作やろうよ。』
そう話していたことを。
今考えると、山本さんは、自分自身に叱咤激励していたんじゃないかと。

俺はまだ死なない。
俺はまだまだ生きる。

そう僕に伝えたかったのではないか?
最近、そんなことを思います。

三部作、やりたい。
自分が三作目に作品にするとしたらなんだろう。
やっぱり、偉大な歴史小説家「山本兼一」の世界に、もう一度浸ってみたい今日この頃です。
山本兼一さん書物

和歌山県知事表彰について

2016.5.31
田中です。

この度、和歌山県知事表彰いただきました。
ありがとうございます。
日本とトルコの合作映画が、国際交流に貢献したとしていただきました。
和歌山県知事の仁坂さんをはじめ、和歌山の県民の方々に大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
和歌山の、先人たちの思いが、沢山の人々の心を動かし、日本やトルコの国を動かし、完成し上映することができたと思っています。
日本とトルコの映画に関わる全ての人々が、一心に、伝えたい、残したい。その思いでこの「海難
1890」を完成させ、未来への遺産として残すことが出来たと信じています。
映画を作る励みになる栄誉ある賞をいただきました。
ありがとうございます。

管理人です。
和歌山県知事表彰の詳細です。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/pre…/000100/tijihyousyou.html

監督は、今回の最年少で、僭越ながら、ご挨拶もさせていただいたそうです。

 和歌山県知事表彰状

人生初の記念植樹

2016.5.16

田中です。
いつもありがとうございます。5月13日、14日、久しぶりに串本に行って来ました。串本の皆さんには、本当に温かいおもてなしをしていただきました。なんと!人生で初めて記念植樹しました。植樹した木はオリーブの木で、とても縁起のいい木と聞きました。
海難1890の公開の終わりが終わりではなく、この映画を通じて、串本の先人たちの真心がもっともっと後世に受け継がれていきますように。
田中光敏 拝

植樹
 毎日新聞のお写真を拝借しました。↗↗↗↗↗
同じ日に、トルコ記念館名誉館長に任命され、串本町長より、史実の継承と町のPRへの功績を表彰されました。
大変名誉ある、ありがたいご縁に感謝いたします。管理人
unnamed (1)unnamed (2)