Author Archives: 田中 光敏

東京新聞お祝いメッセージに感謝

いつも、映画『天外者』てんがらもんを応援いただきありがとうございます。
僕は今、今年クランクイン予定の、映画『法定相続人』仮題の準備で忙しくさせて頂いています。
昨日、東京新聞に、沢山のお祝いメッセージが掲載されていることを知り、読ませていただきました。
皆さんの、ひとつ、ひとつの言葉がとても嬉しく、そして温かく、映画『天外者』に、三浦春馬くんと共に関わった者として、本当にありがたく、感動、感謝いたしました。
温かなメッセージ、本当にありがとうございます。
きっと、この皆さんのメッセージ、春馬くんにも届いていると、信じています。

2021.2.20 東京新聞朝刊より


何度も、何度も、映画館に足を運んでいただき、ありがとうございます。
皆さんのお陰で、映画『天外者』は、沢山の嬉しい事が続いています。
キネマ旬報や東京新聞で賞をいただいたこと。


そして何より、上映が未だに続いていること。
本当に、嬉しく、感謝にたえません。
ありがとうございます。

天外者
田中光敏拝

2021年第13回東京新聞映画賞

映画『天外者』を応援くださっている皆様、たくさんのおめでとうのメッセージ、本当にありがとうございます。
そして今回、皆様の応援のお陰で、キネマ旬報に続き、東京新聞映画賞をいただく事が出来ました。

「大切な人に薦めたい映画」という公募内容で、多数の投票の結果、選ばれたようです。
コロナ禍にありながら、何度も何度も映画館に足を運んでくださった事、

東京新聞に沢山の方々が個人で広告を出してくださった事、
いつもネット上で話題にしてくださっている事、そして各所に投票をくださった事。
皆様の応援が、この賞をいただける大きな力になったのだと思います。
宣伝予算もあまり無い中、皆様のさまざまな思いが力となって、
映画の背中を押し、大きく大きく育てていただきました。
本当にありがとうございます。
『天外者』をご覧になった皆様と一緒に、宣伝活動し、賞をいただいた時の高揚感を感じたことは、後にも先にも、この『天外者』だけです。
本当に嬉しい限りです。
感謝の言葉しかありません。
これからも、『天外者』をまだ観ていただいていない方々や、

海外の方々にも観ていただけるよう、私も微力ながら、働きかけていきます。

最後にもう一度。『天外者』をご覧になった皆様へ。

また素晴らしい賞をいただきました。これも皆様のおかげです。
ありがとうございました。
田中光敏拝

2020年第94回キネマ旬報ベスト・テン

㊗️読者選出日本映画監督賞受賞!!

今日は、大変嬉しい報告です。
映画「天外者」を応援していただいた皆様のおかげで、
キネマ旬報ベストテン読者選出日本映画監督賞をいただきました。
まさか、まさかの受賞です。
ありがとうございます。

受賞の挨拶でもお話させていただいたのですが、
大学の頃自主映画を撮っていた頃から、読んで憧れたキネマ旬報ベストテン。
その読者選出の賞をいただいた事に喜びもひとしおです。
キネマ旬報読者の皆様に感謝いたします。

本当にありがとうございます。

映画が無事出来上がるのか?
果たして上映は出来るのか?
生みの苦しみが多い作品でした。
そればかり考えて、先の事など考えられなかった。
しかし沢山の方々に応援していただいた作品でもありました。

三浦春馬という素晴らしい俳優と、主演を支え最高の演技をした仲間の俳優達、
ベテランの俳優陣、そしてスタッフ、五代友厚プロジェクトのみなさん、
本当にありがとうございました。
みなさんの、お陰で素晴らしい賞をいただきました。


天外者
田中光敏拝

管理人です、動画を集めてみました。
受賞後すぐの控室での動画です。
公式サイト、Facebookページのみなさんにも
すぐにご報告をと思って監督が録画したものです。

キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式全体

シネマトゥディ 表彰式 監督コメント

お礼とお詫びとお約束と。

昨日、テアトルサンク福井で、僕のリモートでの話をお聞きになった皆様へ

僕の話がリモート通信上の不具合で、聞き取り辛いところが多々あったと聞きました。本当に申し訳ございませんでした。
コロナが落ち着きましら、福井に行って、皆様にもう一度、昨日の話をさせて頂きたいと思っています。
今回、福井へ伺えなかったのも、主催していただいた皆さんの緊急事態宣言もあっての判断でした。

福井の皆さんをはじめ、全国の映画『天外者』の御覧になった皆様、ありがとうございます。
そして、映画『天外者』のために、まだまだ映画館を開けていただいている館主の皆様本当にありがとうございます。
皆様に心から感謝です。

沢山の想いの詰まった映画『天外者』です。
コロナ禍で観られない方々にも、映画館が遠くて観られない方々にも、遠く海外の方々にも、ぜひとも観ていただきたいと思っています。
引き続き、応援よろしくお願いいたします。

田中光敏拝

『天外者』現場の1コマ①

『天外者』を撮影したのは、京都松竹撮影所。僕のデビュー作、『化粧師』(原作・石の森章太郎)もこの撮影所で撮りました。
無謀にもコマーシャルの世界からやってきた僕は、右も左も分からないまま、監督としてデビュー作を撮った思い出の撮影所。
そして映画監督として沢山の事を学んだのもこの撮影所でした。

初めて時代劇の主演を務める三浦春馬くんにとっても、「撮影所で時代劇を撮る」というのは少し緊張があったようです。
殺陣の練習や芝居の練習を積み重ねていくうちに、彼の人柄と映画に賭ける春馬くんの情熱が、
撮影所の人達やスタッフの気持ちを動かしていきました。

まだ撮影所に行く前の打ち合わせの時、「どうして京都松竹撮影所を選んだのですか?」と春馬くんに聞かれた事がありました。
撮影所は、奥が深い。この時代劇を撮るならこの物語の雰囲気を持ったオープンセットがある京都松竹撮影所。
そして、そこにいる時代劇を熟知したスタッフも凄い人達が沢山いる。

そう、話をしながらクランクインの日を迎えました。
初日、二日目といい雰囲気で迎えた三日目。
春馬くん、演じる五代才助が模型の船を浮かべて、

「イッツ パーフェクトじゃ!」というシーンのこと。

劇中で、五代才助が浮かべていた船

動力で動く模型ではなくこんな舟が浮かんでいました。

実はこの舟、20年前僕のデビュー作『化粧師』に登場した精霊舟。
もう今では名人となった装飾の中込秀志さんの粋な計らいです。感動。

春馬くんが、「どうしたんですか?」と尋ねてきたので、
デビュー作で使った舟が、『天外者』の模型の船の代わりに登場している事を伝えると、
顔をクシャとして笑いながら、
「奥が深い!撮影所好きになりましたよ」と答えた春馬くんの掛け値なしの笑顔に、やられた。
今更ながら思い出しています。

古くから続く撮影所には、こんな粋な計らいをしてくれる素敵な映画人がいるのです。

田中光敏拝

2021新年の挨拶と『天外者』ご報告

新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

昨年は、悲しい事も、嬉しい事も、楽しいことも、辛い事も、沢山あった1年でした。

ただ本当に力になったのは、皆さんからの優しくて、力強いメッセージでした。
映画が公開出来たこと、そして今も沢山の人達に支えられて、観ていただいている事、本当に感謝しています。

ありがとうございます。

出演した俳優陣、そしてスタッフ共に大変喜んでいます。

今年は、さらに映画作りに励んで行きたいと思います。よろしくお願いします。

2021.元日

田中光敏拝


『天外者』

またまた上映館が、先月末から増えて上映することが決まったことを知りました。
確か39劇場増と聞いています。

本当にありがとうございます。

何度も何度も映画館に足を運んでくださっている方が沢山いると聞きました。
『天外者』の製作に関わった者として冥利に尽きます。

映画『天外者』を見ていただいている皆様、本当にありがとうございます。

田中光敏拝

絶賛公開中



ドキュメントお礼と万華鏡の話

関西テレビ「天外者(てんがらもん)五代友厚 ドキュメンタリー」を見ました。
現場で、『天外者』を作っていた時間を思い出しました。
春馬くんいい笑顔してたんだなぁー現場で感じた以上に伝わって来ました。
翔平くんと笑い合う笑顔、
西川くんはムードメーカーだしナレーションが上手かった。
そう思いながら、どんどんドキュメンタリーに引き込まれていきました。

~~春馬くんの言葉~~
  完全燃焼しました
  悔いないです
  一生懸命やりました

この言葉に泣けてきました。

映画で伝えきれなかった事もしっかり伝えていただきました。
関西テレビさん、ありがとうございます。
素敵な番組でした。

管理人より
12月28日23:59まで、
カンテレドーガ「天外者 五代元厚 ドキュメント」
こちらをクリックして、アンケートに答えて、無料でご覧いただけます。

🎬『天外者』の話
実を言うと、万華鏡の手元、春馬くんの手元では有りません。

指摘された時、少しびっくりしました。
映画の現場で主演の三浦春馬くんは一生懸命芝居に打ち込んでいました。

現場ではスケジュールも大変だったので、芝居が絡まない万華鏡のクローズアップの部分は、
春馬くんの負担を減らす意味もあり、春馬くんの了解も得て、後日撮影をしました。
三浦春馬くんのファンの皆様、何度も何度も映画館へ通っていただき本当にありがとうございます。
皆さんの思いに心から感謝いたします。

田中光敏拝



皆様への感謝の気持ち

『天外者』を、応援くださってる皆様、本当にありがとうございます。
ただただ嬉しいのは、全国の友人・知人から、北海道でも、九州、大阪、京都でも、
東京でも北陸でも全国で映画終わりに拍手が起こっている事を聞き、
映画を観てくださっている皆様の思いに感動し、心から感謝しています。

本当にありがとうございます。

今は、コロナ禍で大変な時期ではありますが、お身体に気をつけて、
映画鑑賞を楽しんで下さい。

三浦春馬主演『天外者』大ヒットスタートであるとか、
初日満足度ランキング1位であるとか、本当に嬉しいニュース、
たくさんありがとうございます。

三浦翔平、西川貴教、森川葵、出演者一同、宣伝活動を頑張ってくれています。

本当にありがとう。

皆様にも本当に感謝です。
映画上映末永くよろしくお願いします。

田中光敏拝

追伸

九州の映画館の皆さんが、手作りで、飾り込みをしてくれています。とても、とても感謝、感動です。

『天外者』本日公開

12月11日.
今日から、全国で映画『天外者』の公開が始まります。
映画を支えてくださった沢山の企業、五代プロジェクトの方々、映画スタッフの皆様、出演していただいた役者の皆様、本当にありがとうございます。
一時は、映画が本当に公開されるのか?
と思った事もありました。
しかし、たくさんの映画を支えてくださった皆様、映画を愛する皆様、そして、主演三浦春馬を愛する皆様のおかげで、今日このように、映画公開することが出来ました。


本当にありがとうございます。


コロナ禍で、大変な世の中になっています。
どうか、日常でも無理をせずに、お身体に気をつけて、末永く映画公開見守って下さい。


主演三浦春馬を初め、最高のハートを持った役者の皆様が、『天外者』に、参加くださいました。

是非見ていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。


田中光敏拝

大阪・完成披露試写会

今日は、大阪でのキャンペーン。

翔平くん、西川くん、葵ちゃん、出演してくれた役者さんが、
朝から取材受けてくれています。
忙しい中、本当に有難い限りです。


大阪梅田の最初の舞台挨拶は、見終わった方々への挨拶。
一番、緊張とドキドキする瞬間。

沢山の拍手で迎えられ、ハンカチで涙を拭いている人達が見えてくる。


まずい。😓😓😓


会場の皆さんの気持ちが伝わってくる。


まずい。😓😓😓

まだ舞台挨拶していないのに、様々な込み上げてくる感情を抑えて、挨拶。
自分の中の出来る精一杯の挨拶して退場。
一緒にいた役者の皆さんも、同じ気持ちのようでした。


皆さん、本当に、ありがとうございます。
12月11日公開、『天外者』、どうぞよろしくお願いします。

田中光敏拝

梅田の地下の大きな天外者のビルボード。
映画館のスタッフさんが手書きで色紙に似顔絵描いてくれて、
歓迎してくれました。有難い。嬉しかったです。
スタッフの方、ありがとうございます。
本当は欲しかったけど、写真にしました。(笑)
皆んなでポスターにサインをしました。